ハーバード医科大学の調べによれば、普通のコーヒーと比較して1日2杯以上はノンカフェインコーヒーで代用すると、なんと直腸がんの発生率を約52%減らせたとのことだ。
季節性インフルエンザワクチン(seasonal influenza vaccine)では、今までの研究の成果により、ワクチンの予防接種効果が見通せるのは、ワクチン接種した約2週後から約5カ月間くらいということです。
胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことに加えて煙草・アルコールを毎晩飲む事・肥満といった生活習慣の質が低下したこと、ストレスなどによって、殊更日本人に多いという病気だといえます。
インキンタムシ(陰金田虫)とは、医学上は股部白癬と言われており、かびの一種である白癬菌が股間や陰嚢(いんのう)、尻などの場所に感染し、寄生する感染症であり俗に言う水虫です。
ピリドキシンには、アミノ酸(Amino acid)をトリカルボン酸回路と呼ばれるエネルギー源の利用に必要となる回路へ組み込ませるため、更に化学分解するのを助長する機能もあるのです。
薬、酒に含まれるアルコール、合成された食品の添加物などの物質を分解し、無毒化する働きのことを解毒(げどく)と称し、多機能な肝臓が担っている最も大切な役目の一つだと言えるでしょう。
頸椎などが痛むヘルニアとは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)と呼び、背骨と背骨の間に存在するクッション的な役目をしている椎間板(ツイカンバン)という名称のやわらかい線維軟骨がはみ出た症例の事を表します。
3種類のアミノ酸からできているグルタチオン(Glutathione、GSH)は、細胞の機能を不十分にしたり突然変異をもたらすような人体に有害な物質を体の内部で解毒し、肝臓の働きを促すような特長が分かっています。
杉の木の花粉が飛散する3月前後に、幼い子どもが発熱はみられないのに頻繁にクシャミをしたりずっと鼻水が止まる気配をみせない時は、残念ながら『スギ花粉症』の可能性が高いといえるでしょう。
「体脂肪率(body fat percentage)」というのは、全身の脂肪の溜まっている比率のことであって、「体脂肪率(body fat percentage)=体脂肪の量(キログラム)÷体重(body weight、キロ)×100」という計算で算出されます。
子どもの耳管の特性は、大人のそれに比べて幅があり短い形状で、尚且つ水平に近いため、バイ菌が潜り込みやすくなっています。大人より子どもの方が急性中耳炎に罹りやすいのは、これが関わっています。
体を撫でることなどで、被介護者がセラピーキャットのことをとても愛おしいと思う時に「絆のホルモン」ともいわれるオキトキシンが分泌されて、ストレスを減らしたり精神の癒しなどに繋がっているのです。
ポリフェノール最大の作用は水溶性であるビタミンCやトコフェロールなどとは違い、細胞の間の水溶性部分に脂溶性部分、ひいては細胞膜でも抗酸化作用を発揮するのです。
最大の臓器である肝臓に中性脂肪(中性脂質)や食物由来コレステロールが多く蓄積した脂肪肝という病気は、動脈硬化や糖尿病等々色んな病の素因となる可能性があるといわれています。
インキンタムシ(陰金田虫)という病気は20代〜30代の比較的若い男の人に多い傾向があり、ほとんどの場合は股間の辺りだけに拡大し、激しく運動したり、風呂上りのように体が温まった時に強いかゆみがあります。