脳内の5-HT神経は、自律神経を調整したり痛みの鎮圧、色々な覚醒現象などを操作していて、気分障害(うつ病)の方ではその機能が鈍化していることが明らかになっているのだ。
「体脂肪率(percent of body fat )」とは、人体の中の脂肪が占有する比率のことであり、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)=体脂肪量(somatic fat volume)÷体重(body weight)×100」という計算式で調べられます。
真正細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、一番よくある中耳炎で比較的幼い子供によく起こる病気です。耐え難い耳の痛みや熱、鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(じろう)など多岐に渡る症状が起こるのです。
アメリカやヨーロッパ各国においては、新しい薬の特許が満了してから30日後、製薬市場の8割がジェネリック(後発医薬品)に替わるという薬もある位、ジェネリック(ジェネリック医薬品、後発医薬品)は世界で採用されています。
腰などが痛むヘルニアとは正しくは椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨の間に存在して緩衝材的な役目を果たしている椎間板(ついかんばん)という名のやわらかい円形の組織がはみ出た症例を指しています。
消化器科の領域である急性腸炎(acute enteritis)は、大抵は腹痛・悪心・腹下しを伴う程度ですが、バイ菌の感染によるものの場合はものすごい腹痛・何度も繰り返す嘔吐・水下痢の他に38度台の高熱も出るのが見分けるポイントだといえます。
脂溶性であるV.D.は、カルシウムが吸収される行程を助長するという性質で知られており、血液中の濃度をコントロールして筋繊維の機能を微調整したり、骨を作り出したりします。
植物栄養素とも呼ばれるフィトケミカルの一つであるスルフォラファンというブロッコリーに含まれる揮発性の物質について、肝臓の持つ解毒酵素の円滑な産出をサポートしているという新たな事実が判明しました。
常日頃からゴロンと横向きになってTVを見つめていたり、片手で頬杖をついたり、ハイヒールなどを日常的に履くといった習慣的なことは体の上下左右の均衡を悪化してしまう大きな誘因になります。
ジェネリック医薬品(generic drug)というものは新薬の特許が失われてしまった後に発売され、新薬とまったく同じ成分で自己負担分の小さい(クスリの価格の廉価な)後発医薬品のことを意味します。
日本における結核対策は、1951年制定の「結核予防法」に準拠して進行されてきましたが、半世紀が経過した2007年からは数多くある結核以外の感染症と同じく「感染症予防法」という法律に準拠して行われることに決まったのです。
チェルノブイリ原子力発電所の事故に関するその後の追跡調査のデータから、体の大きな大人よりも体の小さい未成年のほうが拡散した放射能の悪影響をよく受けることが理解できます。
悪性腫瘍である女性の卵巣がんは、通常ならば人間の体をがんにさせない役割をする物質を作出するための金型のような遺伝子の異常が引き金となって起こるということが分かっています。
上が140以上の高血圧が長引くと、体中の血管に大きな負担がのしかかり、頭頂からつま先まで色々な血管にトラブルがもたらされて、合併症になる確率が拡大します。
エイズはヒト免疫不全ウイルス、すなわちHIVの感染が原因のウイルス感染症の病名であって、免疫不全を招き些細な細菌などによる日和見感染やガン等を複数発病する症候群のことを称しているのです。