BMI(体重指数)の計算式はどこの国でも共通ですが、値の評価基準は国ごとに違っていて、(社)日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI22が標準、BMI25以上を肥満、18.5未満だと低体重としているのです。
流感、即ちインフルエンザに適している効果的な予防法や処置といった必須の対策というものは、それが例え季節性のインフルエンザであっても新型のインフルエンザでもほとんど変わりません。
HMSの調査結果によれば、普通のコーヒーと比較して1日あたり2カップ以上のノンカフェインコーヒーを代用することで、驚くことに直腸ガン発病率を約半分も減らせたそうだ。
胸焼けが主訴の逆流性胃腸炎は、4日前後ちゃんと服薬すれば、原則、9割近くの患者さんの自覚症状はゼロになりますが、とはいえ食道の粘膜の傷みや炎症が癒えたことを意味しないので留意してください。
万が一婦人科の検査で現在卵胞ホルモンと黄体ホルモンの量が基準値よりも少なくて早発閉経(早期閉経)だと判明した場合は、足りない女性ホルモンを補う処置方法で良くなります。
乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長年採用されてきた生ワクチンに代わる新しい手段として、2012年9月1日から原則無料で受けられる定期接種になるため、個々に接種してもらうスケジュール管理の必要な個別接種
花粉症というものは、森のスギやヒノキ、マツ、ブタクサなどの木や草の花粉が誘因となって、くしゃみ・目のかゆみ・頭重感・喉の痛み・鼻詰まり・鼻水などのゆううつなアレルギー症状を引き起こす病気なのです。
アミノ酸のひとつグルタチオン(Glutathione、GSH)には、細胞の機能を不十分にしたり変異を誘引するような人体に悪影響を及ぼす物質を身体の内部で解毒し、肝臓の働きを促進するような性能が判明しています。
お年を召した方や慢性的な病気を患っている人などは、殊に肺炎を発症しやすくて治りにくいという特徴があるので、事前の予防やスピーディな手当が重要だといえます。
肝臓を元気な状態に維持するためには、肝臓の解毒作用が落ちないようにすること、即ち、肝臓の老化を食い止める対策をおこなうことが有効です。
ほぼ100%に近い割合で水虫といえば足をイメージし、ことさら足の裏や指の間に発症する病気として認知されていますが、白癬菌にかかるのは足だけに留まらず、体のどこにでもかかってしまう可能性があるので気を付けましょう。
「時間に追われているように忙しい」「面倒くさい様々なお付き合いが嫌でたまらない」「先端テクノロジーや情報の著しい進歩に追いつくのが大変」など、ストレスを受けるシーンは一人一人違うようです。
欧米諸国おいては、新しい薬の特許が満了した1ヶ月後、市場のおよそ80%がジェネリック医薬品(後発医薬品)に取って代わる薬品もあるほど、後発医薬品(こうはついやくひん)は世界中に知られているのです。
メタボとは言われていなかったとしても、臓器の脂肪が付いてしまう型式の悪質な肥満を持っている事に縁り、重い生活習慣病を引き起こす可能性が高まります。
セロトニン(5-HT)神経は、自律神経のバランスの調節や痛みの鎮圧、覚醒現象などを操っており、気分障害(うつ病)の患者さんでは動きが落ちていることが科学的に判明している。