子供を産みたくても産めない現状。特 に満足に子供を育てる余力がない状況を何とかしていただかなければ、少子化の問題はどうにもならないのではないかなと思います。

1、「だったらまだ産まないで安定的な生活が出来るようになる事に集中しよう」という判断と「なかなか生活が安定しない」という現状には、因果関係がありません。 
むしろ、判断と現状が矛盾していると考えるのが自然なのに、生活不安の原因を浮気調査 山形「産まない判断に置いているのですから、「産まない方が問題だ」と要約されても仕方がありません。

2、「子供を産みたくても産めない現状」は経済不安がもたらしているのですが、麻生氏はそれを「政治のせいではないが、解決するのが政治の責任」と言っているわけです。その当否はともかく、彼の物言いに批判が集まるのは当然です。 
政治家の主義主張は勝手ですが、自説の弱い点を検討しないで「誤解だ」と言い訳するのは、まさに苦労知らずの無知なお坊ちゃんです。