冠動脈の異常である狭心症の外科手術では「大動脈内バルーンパンピング(IABP)」と「冠動脈(かんどうみゃく)大動脈バイパス術(CABG)」の二つの異なる治療法が高い確率で利用されています。
鍼灸用のはりを体に刺す、という物体的な複数の刺激は、神経細胞を興奮させて、神経インパルスという呼称の電気信号の伝達を発生させると考えられているのです。
ちょっとした捻挫だと決めつけて、包帯やテーピングなどで一応固定し、そのまま様子をみるのではなく、応急処置をしてからスピーディに整形外科を受診することが、快癒への近道だといえるのです。
高血圧(hypertension)になると、血管に強い負担がかかった結果、頭のてっぺんから足の爪先まであちこちの血管にトラブルがもたらされて、合併症を誘引する可能性が大きくなると言われています。
ご高齢の方や病を患っている人は、際立って肺炎に罹患しやすく治りにくいという傾向が見られるため、予め予防する意識や早めの処置が肝要です。
お酒に含まれるアルコールを分解する特徴のあるナイアシンは、苦しい宿酔によく効きます。辛い宿酔の誘引物質であるエチルアルデヒ(アセトアルデヒド)という物質の無毒化にも関わっているのです。
1回歯の表面の骨を脆くさせるまでに時間の経ってしまった歯周病は、万が一症状自体が沈静化することがあっても、失った骨が元通りに復活することはまずないでしょう。
骨を折ったことによりひどく出血してしまった際に、急に血圧が下がって眩暈やふらつき、体が急速に冷えるように感じる冷や汗、悪心、座っていても起こる失神などの脳貧血の症状が現れることがよくあります。
普通ならば骨折に至らない程度の僅かな力でも、骨の同じ部分に複数回にわたりひっきりなしに力が加わることで、骨折に至ってしまうこともあるようです。
エイズウイルス、つまりHIVを保有している精液、血液を始め、女性の腟分泌液、母乳といった類の体液が、看病する人や交渉相手などの傷口や粘膜部分に接触した場合、感染の危険性が大きくなってきます。
2005年(H17)年からトクホ(特定保健用食品)の容器において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」のコピーの明記が義務となった。
「肝機能の低下」については、血液検査項目のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、γ-GTP等の数値で診れますが、ここ数年間で肝臓の機能が低下している国民の数が明らかに増えているとの報告がありました。
環状紅斑(かんじょうこうはん)とは何かというと環状、要するにまるい形をした赤い色の湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮ふの病気の総称であり、理由は実にいろいろです。
真正細菌の結核菌は、患者さんが「咳」をすることによって空間に排出され、空気中でフワフワ動いているのを別の人が吸い込むことで次々に感染していくのです。
悪性の腫瘍である女性の卵巣がんは、本来、ヒトを癌にさせない役割を持つ物質を作り出すための型みたいな遺伝子の異常が原因でかかってしまう病気だと考えられています。