耳鳴りには大きくわけて2種類あり、当事者しか感じないと言われている「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音のように当事者だけでなく他の人にも性能の良いマイクロホンをあてたりすると響いてくると言われる「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が変わります。
World Health Organizationは、人体に有害なUV-Aの極度の浴び過ぎが皮ふ疾患を引き起こす恐れがあるとして、19歳未満が日サロ(日焼けサロン)を使用することの禁止を世界各国に提起している最中です。
ストレスがかかり、溜まるという構図や、有効なストレスケア方法など、ストレスに関係している全体的な知識を学んでいる方は、多くはありません。
植物栄養素とも呼ばれるフィトケミカルの類であるスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれる揮発性の有機硫黄化合物が、肝臓から分泌されている解毒酵素の機能的な創造活動を促進しているかもしれないという新たな可能性が判明しました。
不整脈の中でも期外収縮は、特に病気ではなくても症状が発生することがあるため珍しい重病ではないといわれていますが、発作が数回に渡って次々とみられる場合は危ないのですぐ病院へ行きましょう。
昨今、比較的若い世代で感染症である結核に対しての抵抗力の無い人たちの割合が高くなっていることや、受診が遅れることなどが原因の集団院内感染(アウトブレイク)の発生頻度が高くなっているようです。
くしゃみや鼻みず、鼻詰まりや目のかゆみ・ゴロゴロするような異物が入っている感覚などの花粉症の主な諸症状は、アレルギーを誘発する花粉の飛んでいる量に沿って悪化の一途を辿るという傾向があるということです。
アルコールをクラッキングする作用があるナイアシンは、不快な宿酔によく効く成分です。宿酔の主因物質とみられるエチルアルデヒ(アセトアルデヒド)という化学物質の無毒化に力を発揮します。
悪性腫瘍である卵巣ガンは、普通なら身体をガンにさせない役割を持つ物質を作り出すための鋳型みたいな遺伝子の異常が原因で発症してしまうとのことです
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓に内在するインスリンを分泌する働きを持つβ細胞が何らかの理由で破壊してしまうことから、その膵臓からはほとんどインスリンが分泌されなくなることで発病するという糖尿病なのです。
「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に脂肪(脂質)やコレステロールが付着した脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)という病気は、肝硬変や脳梗塞などの様々な健康障害の合併症を招く可能性があります。
UV-Bは、UV-Aに比べて波長が短いという特徴があるためオゾン層を通過する際にその一部が吸収されますが、地上に届いたUV-B波は皮ふの表皮の中で細胞のデオキシリボ核酸(遺伝情報)を傷つけたりして、肌に悪い影響をもたらすことが明らかになっています。
もう永久歯の周囲を覆っている骨を減らすほど深刻になってしまった歯周病は、原則病状が和らぐことはあっても、失った骨が元通りに復元されるようなことは無いと考えておいた方が良いでしょう。
日常的に横向きの状態でTVを見つめていたり、長時間頬杖をついたり、ハイヒールなどを毎日のように履いたりというようなことは体の左右の均衡を悪くしてしまう大きな要素になります。
AED(Automated External Defibrillator)というのは医療資格を有していない方でも使う事のできる医療機器で、本体からの音声ガイダンスの指示通りに行動することで、心臓が小刻みに振動する心室細動の治療の効力を患者に与えます。