人は自分に共感してくれる人間に心を開く。 いくら真実がどうだの言っても、それはおまけに過ぎない。 ちなみに、であるが。

私は近所に米軍基地や原子力施設が来ても治安や雇用が安定するなら(もちろん、安全性なども考慮したうえで)別に来てもいいと思っている。
だって、 闇金相談 長野この国は国内外問わず誰かの犠牲で成り立っているのだ。 私からすれば、みんな自分の責任を取りたくないから悪者探しをしているだけのように見えてしまう。
それも必要なことではある。 でも、後でもいい訳で、問題は、誰が犠牲になるかだ。 「どうせ、何時か犠牲になるのなら先にやった方がいい」 これが私の考え方である。外科手術用語で『姑息的手術』というのがある。
患者の容体に対して手の施しようがなく治る見込みがない場合、または、その手術に耐えられない状態だった場合がある。 その時、多少手術すればいくらかは延命が出来る。 早い話が、時間稼ぎのための手術が『姑息的手術』である。