一度永久歯の表面を覆っている骨を脆くさせるほど悪化してしまった歯周病は、原則炎症そのものが落ち着いたとしても、なくなった骨が元の量に復活することはないと言われているのが現状です。
黴菌やウィルスなど病気を齎す病原体(病原微生物)が口から肺の中へ潜り込んで罹患してしまい、左右どちらかの肺が炎症を起こしてしまっている有様を「肺炎」と称しています。
ダイエットに勤しむあまり摂取カロリーの総量を控える、食事を抜く、などの暮らし方が結果として栄養までもを不足させ、深刻な四肢の冷えを齎すことは、色んな媒体で言われているのです。
UV-B波は、UV-A波よりも波長が短いという性質があるため大気中に存在するオゾン層を通過する際にその一部分が吸収されるものの、地表まで届いたUV-Bは皮膚の表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid)を壊したりして、肌に悪影響をもたらすことが明らかになっています。
肥満(obesity)の状態はあくまで摂取する食物の内容や運動不足が因子になっていますが、ボリュームの変わらないごはんであったとしても、慌ただしく食べ終わる早食いを続ければ肥満(obesity)を招く恐れがあります。
いんきんたむしは20代〜30代の比較的若い男の人に多い傾向があって、ほとんどのケースでは股間の辺りだけに拡大し、激しく身体を動かしたり、風呂から上がった後など身体が熱くなった時に猛烈な痒みがあります。
インキンタムシ(陰金田虫)とは、医学上は股部白癬(こぶはくせん)と言い、カビの一種である白癬菌が股部、陰嚢(いんのう)、尻などの部位にうつってしまい、棲みついてしまう病気の事で水虫のことなのです。
抗酸菌の結核菌は、菌に感染した人が咳き込むことで外気に放り出され、空中でフワフワ移動しているのを違う誰かが呼吸の際に吸い込むことで感染していきます。
体脂肪量(somatic fat volume)にさして変化がなく、体重が食事や排尿などにより短時間で増減するような時、体重が増えたら体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低くなり、体重が減少すれば体脂肪率が高まることがわかっています。
ヒト免疫不全ウイルス(HIV)を有する血液や精液のほか、腟分泌液や母乳といったあらゆる体液が、看病する人や交渉相手などの傷口や粘膜などに触れると、感染の危険性が高くなるのです。
流行性感冒とも呼ばれるインフルエンザに合った予防するための方法や治療法等、このような必ず行う対処策そのものは、それが季節性のインフルエンザであっても新型のインフルエンザであっても同じです。
環状紅斑(かんじょうこうはん)について説明すると環状、所謂輪っかのようなまるい形をした紅色の湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮ふの病気の総称であって、因子は全くもって多種多様だといえます。
塩分と脂肪分の摂取過多は避けて運動を行い、ストレスを蓄積しすぎない暮らしを心がけることが狭心症を引き起こす動脈硬化を予め予防する方法なのです。
グラスファイバーで製造されたギプスは、非常に強くて軽量なのに耐久性に優れ、雨などで濡れても使えるという長所があり、現在採用されているギプスの定番製品だと言われています。
ヘルニアは正式には「椎間板ヘルニア」と呼び、背骨と背骨の間にあるクッションのような役目を担っている椎間板(ついかんばん)という円形の線維軟骨がはみ出してしまった症状の事を表しています。